最適な治療でうつ病を克服しよう【反復性うつ病は発症期間が短い】

サイトメニュー

病気を繰り返さないために

悩む男性

原因について考えてみよう

反復性うつ病とは、うつ病の症状を繰り返してしまう病気です。反復性うつ病の場合も、初めて症状を発症した際は、医師に一般的なうつ病と診断されます。しかし、一度症状が改善しても、何らかのきっかけを原因に、短期間で再発した場合は、反復性うつ病と診断内容が変更される場合が多いです。うつ病になった経験がある方は、再発しないように注意が必要といえます。また、反復性うつ病の場合も、一般的なうつ病と同じく治療が必要になります。治療法は、薬物療法を始め、精神療法など個人の症状に合わせた最適な治療がされていきます。反復性うつ病と似ている病気に、双極性障害があります。双極性障害の場合も、症状が再発する点は同じですが、再発する頻度や症状は異なります。双極性障害は、極端な気分の浮き沈みなどの症状が現れるのが特徴です。しかし、双極性障害に該当しない場合でも、うつ病の症状を繰り返す点は同じなため、治療薬を試す価値があります。医師による判断で、双極性障害の治療薬を提案された場合は、積極的に治療を受け入れてみましょう。また、うつ病の症状を繰り返す原因に、ストレスや特定の行為がきっかけになる場合があります。うつ病の再発防止のためにも、最近ストレスに感じたことなどを振り返り、自分自身で整理してみることも大切です。うつ病が再発している可能性を感じた場合、速やかに適切な医療機関で治療することが大切です。一度、うつ病と診断された医療機関で、再度受診することも可能です。しかし、医師との相性が悪かった場合は、違う医療機関で受診することをお勧めします。反復性うつ病の治療では、うつ病の治療よりも、丁寧なカウンセリングと治療が必要になってきます。カウンセリングを丁寧に行う理由として、症状が改善したにも関わらず、なぜ再発したのか詳しく調べる必要があるからです。そのため、自分にとって話しやすい、信頼できる医師に治療をしてもらうことが望ましいといえます。反復性うつ病の治療を検討する場合は、医療機関をよく比較してから、申し込みをしましょう。医師との相性が大切なため、口コミや評判は必ず確認することが大切です。また、今後、病院に通うことを考え、アクセスの良さも重視しましょう。治療のためのカウンセリングは、医療機関により予約方法は異なります。家から出るのが辛い場合は、電話やメールでカウンセリングが可能な医療機関を選びましょう。しかし、一番理想的なのは、対面式のカウンセリングです。その理由として、医師は、相談内容だけでなく、表情や行動まで観察することができるため、最も正確に診断結果を出すことができるからです。反復性うつ病の治療を受けたい場合は、対面式のカウンセリングを受けることをお勧めします。

Copyright© 2018 最適な治療でうつ病を克服しよう【反復性うつ病は発症期間が短い】 All Rights Reserved.