最適な治療でうつ病を克服しよう【反復性うつ病は発症期間が短い】

サイトメニュー

刺激と反応による病

髪を触る男性

想起される心の苦痛

うつ病には、様々な種類があり、正常な状態からうつを繰り返す、反復性うつ病と呼ばれる病気があります。この特徴は、双極性うつ病の様に、極端に元気になる姿が無く、一般的な生活ができる状態と、生活に支障が来してしまう状態を繰り返す場合もあります。季節の変化によって、反復性うつ病が現れる場合もあり、過去に何かしらのトラウマになる様な出来事を抱えている可能性もあります。例えば、過去に失恋をした場合、その時期になると、過去の経験が想起され、行動力を失い、うつ状態を引き起こす話しもあるのです。子育てが終わり、子供が自宅から旅立った場合においても、反復性うつ病が起きる可能性もあります。子供が旅立った後は、何かしら好きな事を行おうと考えていた人もいるでしょう。その内容だけでは、子供から意識されていた、自分の存在感の寂しさを補いきれず、心が乱れてしまう場合もあります。女性は、周りを意識して化粧を行う場合もあり、意識してくれる人の喪失や、存在価値を否定される出来事は、男性以上に、反復性うつ病が生じやすいと言われています。経験は強く記憶され、誘発する刺激によって想起され、うつ状態を繰り返しやすくなります。従来よりも、社会のコミティーが弱まっている現代では、潜在的に反復うつ病を患う人が増えている可能性も考えられます。反復性うつ病に限らず、うつ病の多くは、心が体に影響与え、体が心に影響与えを繰り返し、心身を深刻な状態へと歩ましています。そのため、医療機関に足を運び、薬によって体を回復させれば、心の回復に繋がる場合もあります。うつ病は、置かれている環境が、自分にとって良く無いと 本能が働いている場合もあります。そのため外にある悪い刺激や情報を、心身に取り入れない働きを引き起こすのです。その結果、食欲を失い、物事に興味が湧いてこない状況も現れやすくなります。ただし、刺激と反応を変えるためには、新たな刺激を 取り入れる必要性もあるでしょう。反復性うつ病は、一時的に正常な状態に保てる間もあり、医療機関で心身の回復を行うと同時に、新たな人間関係を求めるのもポイントです。医療機関によっては、心理療法の一環として、コミュニティー作りを行っている場合もあります。現場では行っていなくても、活動団体を知っている場合もあり、新たな情報に出会える可能性もあるはずです。冬場は、体の活動意欲が失いやすく、体が心に影響与え、反復性うつ病にかかりやすいと言われています。心が体に影響与える力もあり、心が温まる様な取り組みを行っていくのも、重要なポイントです。人間関係が温まる様な、意識改革を持てば、自分の強い存在感を取り戻す事もできるでしょう。

Copyright© 2018 最適な治療でうつ病を克服しよう【反復性うつ病は発症期間が短い】 All Rights Reserved.