最適な治療でうつ病を克服しよう【反復性うつ病は発症期間が短い】

サイトメニュー

様々なうつ病

カウンセリングを受ける男性

短期間に再発を繰り返す

うつ病というと、気分の落ち込みや気力の低下が続く、不安感が強いなどがよく知られていますが、ひとことにうつ病といっても色々な種類があり、それぞれ症状や治療方法も違ってきます。間違った判断では良い改善が得られない場合もありますので、まずは自分がどのタイプであるかを知ることも大事です。うつ病は治療で良い改善を得られる人も多いですが、再発も多い病気なので再発防止の努力も続けていく必要があります。長期に再発なく元気に過ごしている人もあれば、中には数か月単位など短期間で再発を繰り返す人がいますが、こうした症状は反復性うつ病である可能性があります。反復性うつ病は発症期間が短いこともあり、周囲からは気まぐれなタイプだというイメージを持たれていたり、本人も病気である自覚がない場合もあります。元気な時の症状とうつの症状を繰り返すこともあり、躁とうつを繰り返す双極性障害と似た部分もあります。反復性うつ病だと診断されていても実は双極性障害である場合もありますので、経験豊富な医師にしっかりと判断してもらうことも大事です。秋や冬にうつ病を発症し、季節の変わり目とともに回復する季節型のうつ病の人もありますが、こうした季節型も反復性うつ病の一種といわれています。反復性うつ病は再発を繰り返すうつ病ですので、つらい症状を緩和するためには、いかに再発を防ぐかが重要となります。反復性うつ病と診断されていても、良い改善が得られない場合は実は別の病気である可能性もあります。治療を受けている病院で良い改善が得られない場合は、別の医師の診断も受けるなど医療機関を変えることも考えてみましょう。そして、うつ病の治療では休息をしっかりとることや、ストレスを解消することなども改善には役立ちますがやはりうつ病の治療には薬物が良い効果を発揮してくれます。脳内の神経伝達物質のバランスを整えるのにも薬は役立ちますが、人それぞれ症状も違いますし、体質にも差がありますのでそれぞれに最適な薬を選ぶことも大事です。さらに、回復してくると薬を変えたり、量を調整することとなりますが、このときの調整が適切でないと短期間に再発する可能性もあります。それゆえ再発を防ぐためには回復後の治療もとても大事となります。再発を防ぐためには回復後の薬の投与も慎重に行う必要がありますので、病院を選ぶ際も薬のことに詳しく、経験豊富な医師に対応してもらうことが大事です。さらに改善のためには医師との相性の良さも大事ですので、慎重に見極めていきましょう。

刺激と反応による病

髪を触る男性

反復性うつ病は、正常な状態とうつ状態を繰り返す病気です。過去の苦い体験は、同じ季節に味わった季節の刺激によって、想起される場合もあります。反復性うつ病は、自身の存在感を失っている場合もあり、温かい人間関係を求める気持ちも大切です。

詳しく見る

病気を繰り返さないために

悩む男性

反復性うつ病は、うつ病の治療を行いつつ、症状を繰り返さない工夫が必要です。症状を繰り返す原因を早めに見つけ、適切な医療機関で積極的に治療を受けましょう。また、治療のカウンセリング方法も選べるため、ホームページ上から確認してみましょう。

詳しく見る

治療が難しい精神病

カウンセリングを受ける男性

変わった特徴がある反復性うつ病は普通のうつ病と症状は似ていますが、完全に治ったか確認するのが難しい所があります。治療費は保険が使えるのでそれほど高くはなく、月に数千円程度の支払いですむケースが多いです。

詳しく見る

特徴がある精神病

医者と看護師

うつの症状が定期的に現れる反復性うつ病は治療が難しく、クリニックの医師と相談しながら必要な対応をします。治療を行って問題が解決した後も再発しやすいため、生活環境を見直して負担の少ない暮らしができるようにするべきです。

詳しく見る

人気記事

カウンセリングを受ける男性

治療が難しい精神病

変わった特徴がある反復性うつ病は普通のうつ病と症状は似ていますが、完全に治ったか確認するのが難しい所があります。治療費は保険が使えるのでそれほど高くはなく、月に数千円程度の支払いですむケースが多いです。

医者と看護師

特徴がある精神病

うつの症状が定期的に現れる反復性うつ病は治療が難しく、クリニックの医師と相談しながら必要な対応をします。治療を行って問題が解決した後も再発しやすいため、生活環境を見直して負担の少ない暮らしができるようにするべきです。

Copyright© 2018 最適な治療でうつ病を克服しよう【反復性うつ病は発症期間が短い】 All Rights Reserved.